IT資産管理サービス AssetRunner

IT資産管理サービス AssetRunner

AssetRunnerは、IT資産の管理業務に特化したサービスです。
保有しているハードウェア、OS、ソフトウェア、ライセンスの情報を収集し、棚卸、台帳作成をサポートいたします。
さらに、収集したソフトウェア情報と保有しているライセンス情報を紐づける機能も盛り込まれており、どのパソコンにどのライセンスが付与されているかを確認することもできます。
また、手間のかかる情報収集作業は、経験豊富なスタッフがお手伝いする代行サービスもご用意しております。

AssetRunnerの導入メリット


AssetRunner サービス内容

システム導入
打ち合わせにてIT資産管理の現状とポリシー、環境の確認を行い、サービスの導入方法、IT資産情報の管理方法を決定します。

サービス開始準備
サービス環境構築のため、DBサーバの設置、管理PCにマネージャーのインストールを行います。
その後、マネージャーに現状の最新資産情報の登録、情報収集ツールの配布を実施し、サービス開始に向けての準備を行います。



定期運用
棚卸や定期監査の際、収集して頂いた資産情報をDBサーバに更新し、資産情報の帳票を出力、その結果を元にリスク分析を実施します。


導入実績
■AssetRunnerによる資産管理
お客様   :某私立大学様
管理対象規模:PC2500台、教員および職員200人

管理対象OS
 Windows7以降
 Windows Server2008以降
 MacOS 10.5~10.15

動作環境
 
お問い合わせ