風力発電設備向けシステム保守事業

創源は「一般社団法人 日本風力発電協会」の賛助会員です。

今後当社では、風力発電業各社と密接な協力体制を築き、風力発電に関わるシステムの維持・保守に携わることで、日本国内におけるエネルギー問題への取り組みを積極的に支援して参ります。

■システム保守を通じた社会貢献
エネルギー問題、環境問題がクローズアップされる中、原子力に代わるエネルギーとして風力発電に注目が集まっています。創源では風力発電に関わるシステムのサーバ/ネットワーク保守を通じて、風力発電業者様の事業を支援しています。
事業概要
「風力発電事業を支えるシステム保守サービスのご提供」



システムの定期メンテナンス
風車およびその周辺の設備に比べ、それらと接続されているサーバやネットワーク機器はハードウェアとしての耐性が低く、頻繁にメンテナンスが必要となります。これらの風力発電関連システムに対して、風車側設備との接続形態、アプリケーションの特性を考慮したメンテナンスを実施することで、システムの安定稼働を図ります。


老朽化システムの延命
風車側設備が耐用年数の限界に達するまでの間、サーバやネットワーク機器は老朽化が進み、複数回のハードウェア交換が必要となります。そのため、創源の風力発電設備向けシステム保守サービスでは、サーバ/ネットワーク機器の交換に際して、発電設備への影響を十分に考慮し、ダウンタイムを最小限に抑えたリプレイス手法を立案し、安全かつスムーズな作業を実施します。

(リプレイス手法の例:仮想化テクノロジーの利用、各種バックアップソフトウェア/環境復元ツールの利用)


監視ネットワークの構築
複数の発電所を保有している風力発電業者様に対し、弊社が長年培ったVPN等のネットワークソリューションをベースとした拠点間通信構築サービスをご提供し、風力発電業者様の発電設備監視業務の効率化を実現します。