導入プラン

仮想化の目的(旧OSの延命、サーバの集約など)、仮想化の 対象となるシステムの規模に合せ、以下のプランをお選びいただけます。
仮想化サービス導入プラン
仮想化基本プラン-小規模の仮想化、旧システムの延命策として
以下のようなニーズに最適な、簡易プランです。
・比較的小規模で、冗長化、障害時自動切り替えなどのオプションなしで、一先ず既存システムを仮想化しておきたい。
・複数のサーバを集約するのではなく、旧OSや独自アプリケーションが稼働し、リプレースが困難なシステムを最新H/Wへ移行して延命したい。
・現行システムの開発環境を簡単に構築したい。
仮想化標準プラン-サーバ集約による管理の一元化
サーバの仮想化と冗長化オプションを組み合わせたプランです。
・複数のシステムを集約し、設置スペースや消費電力を削減したい。
・障害が発生した場合に備え、システムを冗長化しておきたい。
・冗長化した仮想環境の切り替えは自動で行いたい。
仮想化統合プラン-リソースマネージメントによる高可用性
仮想環境のリソース/パワーマネージメントを自動化し、統合管理するためのプランです。
・多数のシステムを集約し、効率よくリソースを利用したい。
・システムの負荷状況をリアルタイムで監視し、リソースのコントロールを自動化して“止まらないシステム”を実現したい。
・常に高い可用性を維持するため、メンテナンスを容易に行える仕組みがほしい。

導入をご検討頂くにあたり、評価用の環境を無償で構築致します。
「お問い合わせフォーム」よりお気軽にお申し付けください。