インターネットに繋ぎたい

インターネット接続用の設定を行い、配下のPCからインターネットを参照する場合の設定例を示します。

LANのネットワークアドレスを192.168.1.0/24にし、機器に192.168.1.1を割り当て、DHCPサーバを有効にして、DNSの代理応答機能を使用しています。
インターネットへのアクセスはPPPoEを使用した接続になっています。
インターネットに繋ぎたい
設定概要
・PPPoEクライアント設定

 ISPから指定されたインターネット接続用アカウントをルータに設定します。
 ユーザID:id@isp
 パスワード:pwd

・IPアドレス設定

 ルータのLAN側ネットワークアドレス:192.168.1.0/24
 ルータのLAN側IPアドレス:192.168.1.1

・DHCPサーバ機能

 LAN内のクライアントにIPアドレス、デフォルトゲートウェイ、DNSアドレスの情報を配布します。 配布するIPアドレス範囲:192.168.1.2~192.168.1.254

・プロキシーDNS機能

ルータのLAN側向けにあったDNSの名前解決要求をインターネット上のDNSへ転送します。

設定
lan 0 mode auto
lan 1 mode auto
lan 1 ip address 192.168.1.1/24 3
lan 1 ip dhcp service server
lan 1 ip dhcp info dns 192.168.1.1
lan 1 ip dhcp info address 192.168.1.2/24 253
lan 1 ip dhcp info time 1d
lan 1 ip dhcp info gateway 192.168.1.1
remote 0 name isp
remote 0 mtu 1454
remote 0 ap 0 name pppoe
remote 0 ap 0 datalink bind lan 0
remote 0 ap 0 ppp auth send id@isp pwd@isp
remote 0 ap 0 keep connect
remote 0 ip route 0 default 1 0
remote 0 ip nat mode multi any 1 5m
remote 0 ppp ipcp vjcomp disable
remote 0 ip msschange 1414
syslog pri error,warn,info
syslog facility 23
time zone 0900
proxydns domain 0 any * any to 0
proxydns address 0 any to 0
consoleinfo autologout 8h
telnetinfo autologout 5m
解説
lan 0 mode auto
LAN0ポートの通信速度/モードをオートネゴシエーションに設定します。
 
lan 1 mode auto
LAN1ポートの通信速度/モードをオートネゴシエーションに設定します。
 
lan 1 ip address 192.168.1.1/24 3
ルータのLAN側IPアドレスを192.168.1.1/24に設定します。
 
lan 1 ip dhcp service server
lan 1 ip dhcp info dns 192.168.1.1
lan 1 ip dhcp info address 192.168.1.2/24 253
lan 1 ip dhcp info time 1d
lan 1 ip dhcp info gateway 192.168.1.1
上から順に、
DHCPサーバ機能を有効にし、通知するDNSアドレス、
配布するアドレス範囲(後ろの数字は開始アドレスから配布する個数)、
デフォルトゲートウェイアドレスを設定します。
 
remote 0 name isp
インターネット方向の宛先ネットワークを相手先番号0(remote 0)として定義します。
ここでは名称を「isp」とします。
 
remote 0 mtu 1454
NTT東西のフレッツサービスをご利用の場合、MTU=1454に設定します。
※西日本のフレッツプレミアムの場合は1438になります。
 
remote 0 ap 0 name pppoe
remote 0 ap 0 datalink bind lan 0
remote 0 ap 0 ppp auth send id@isp pwd@isp
ISPとの接続を接続先番号0(ap 0)として定義します。ここでは名称を「pppoe」とします。
PPPoEパケット転送回線をLAN0に指定し、PPPoE接続アカウント情報を設定します。
 
remote 0 ap 0 keep connect
PPPoE回線を常時接続にします。
 
remote 0 ppp ipcp vjcomp disable
NTT東西のフレッツサービスをご利用の場合、
IPCPのVJ圧縮オプションは使用できないため、無効にします。
 
remote 0 ip route 0 default 1 0
ルータのデフォルトルートをPPPoE接続先に設定します。
 
remote 0 ip nat mode multi any 1 5m
LANの複数のクライアントからインターネット接続できるようにするため、マルチNATを有効にします。
(他社で言う所のNATマスカレードです)
 
remote 0 ip msschange 1414
NTT東のフレッツサービスをご利用の場合、MSS=1414に設定します。
※西の場合は、1398です。
 
syslog pri error,warn,info
syslog facility 23
time zone 0900
proxydns domain 0 any * any to 0
proxydns address 0 any to 0
consoleinfo autologout 8h
telnetinfo autologout 5m
 
印刷用PDFファイルはこちらから(27K) PDFファイルをご覧になるには、
Adobe Readerが必要です。
AdobeReaderダウンロードページはこちら